東京で働く!美容のスペシャリスト求人・転職特集!

メイクアップアーティストの待遇

メイクアップアーティストは会社所属の方が安定

メイクアップアーティストは、化粧品会社やサロンに所属の場合は、普通の社員と待遇的にあまり変わりはありません。違うのは職種の名前だけです。うまく就職できれば、安定して働けることになります。
フリーの場合は千差万別です。アシスタントなら、収入はバイトなみと思っておいたほうがいいでしょう。
独立して、ある程度仕事を取れるようになれば、人並みの収入を得ることができます。
トップクラスになると、名前もかなり有名になり、本の執筆依頼や講演の依頼も入ってきます。そうなれば、1000万円単位の収入も夢ではありません。

勤務体系

メイクアップアーティストの勤務体系は二つに分かれます。会社務めなら、普通の会社と同じようになります。
化粧品メーカーに勤めるメイクアップアーティストは、美容部員のように店舗で働くので、11~19時くらいで、週末出勤というパターンが多いようです。
フリーの場合は、本当にまちまちです。芸能人付きのメイクアップアーティストなどは、かなり不規則になりますね。

メイクアップアーティストの報酬例

【化粧品会社やエステサロン勤務】
企業に勤めることになるので、ふつうのメイクアップアーティストは社員とあまり変わりませんが、特殊能力手当が出ることもある。
【撮影メイクインストラクター】
時給制が多い。ふつうの派遣などに比べればかなり高い時給で、下は2000円から上は1万円程度まであり、経験と能力によって変わる。雑誌の場合などは、拘束時間に関係なく1本いくら、1ページいくらという設定もある。
【ショ―や舞台之ステージメイク】
経験と能力によってピンキリ。単なるアシスタントだと、ほとんどゼロに近いことも多い。一人前になって仕事を任せられるようになれば、1回の仕事で5万、10万、20万という報酬がもらえる。
著名なメイクアップアーティストなら、それ以上も可能。
【ブライダルメイク】
ブライダル企業の社員が行うこともあり、その場合は通常の月給になる。フリーが行う場合は、クライアントの希望によって金額が大きく変わる。

フリーになるには

独立して軌道に乗るまでには大変な努力が必要です。最初はほとんど収入なしの期間が数年続くかもしれません。そうなっても困らないように、貯金をしてから独立するなど、生活のメドをつけてからフリーになるようにしましょう。
あとは自分の努力と能力次第です。多くのクライアント候補に会って、営業活動をしていくことが大切です。
エステ業界大手のミスパリ専門学校では、一流のヘアメイクアーティストを送り出しています。
▼資料請求及び体験入学したい方は下記からお申込みください。▼