東京で働く!美容のスペシャリスト求人・転職特集!

メイクアップアーティストの資格

メイクアップアーティストとして働くために

メイクアップアーティストは、独立して仕事をする人と、化粧品会社やサロンに所属して働く人の2タイプがあります。
どちらにしても、メイクの専門学校に行ってきちんと技術を学んだり、通信教育で資格を取得しましょう。
フリーを目指すにしても、いきなりフリーで活躍できるほど甘くはありません。ですから、まずは化粧品会社やサロンで実績を積むのが第一歩です。
メイクの専門学校なら、化粧品会社やサロンへの就職もサポートしてもらえます。
あるいは、現役のメイクアップアーティストのアシスタントになるのもいいでしょう。その方が独立への近道にもなりますね。

フリーを目指すには

芸能人などのメイクを担当するフリーのメイクアップアーティストは、メイクの道を目指している人なら、だれでも憧れるでしょう。
しかし、たどり着くのは決して簡単なことではありません。
経験もない人にいきなり雑誌モデルのメイクやステージメイクの仕事が回ってくるのは稀でしょう。
ではどうやってそんな仕事に辿り着くのかというと、モデルのメイクやステージメイクをしている人とのコネを利用するのです。
ある程度実績のある人と知り合いになれば、アシスタントで呼ばれることもあります。
そうやって少しずつ人脈や経験を増やしていきましょう。

エステ業界大手のミスパリ専門学校では、一流のヘアメイクアーティストを送り出しています。
▼資料請求及び体験入学したい方は下記からお申込みください。▼