メイクアップアーティスト

メイクアップアーティストの仕事

メイクアップアーティストはメイクを専門に行う仕事です。
特に芸能人やモデルなどが晴れ舞台に出る前に、その場にふさわしいメイクをしてあげるのが、最も華やかに見える部分ですね。
こうした芸能人をクライアントに下仕事は、フェイスメイクだけではなく、ヘアメイクも行うことが多くなっています。
そのため、両方の技術を持つメイクアップアーティストに仕事が多く来ているようです。
しかし、メイクアップアーティストの仕事は、それだけではなく、化粧品会社に所属して、自分の商品を使ったメイクをしたり、サロンに所属して活躍する仕事もあります。
メイクアップアーティストの多くは女性ですが、男性も多く活躍しています。

メイクアップアーティストの仕事の種類

【化粧品会社・エステサロンの仕事】
化粧品会社やエステサロンに就職し、お客様にメイクの指導をする。
【ステージメイク】
ショ―や舞台に立つ役者のメイクをする。
【撮影メイク】
モデルが雑誌などに撮影で出演する際にメイクをする。
【ブライダルメイク】
結婚式において花嫁さんのメイクをする。
【メイクアップインストラクター】
メイクアップの学校などにおいて、メイクのクラスで指導をする。また、自分で教室を開く。

美容部員とメイクアップアーティスト

ここでいうメイクアップアーティストは、化粧品メーカーに所属している人たちのことです。美容部員とメイクアップアーティストは、かなり似ており、実際、美容部員でもメイクの仕事がメイクアップアーティストのようになる場合もあります。
メーカーによっては、美容部員とメイクアップアーティストを別枠で採用している場合もあります。

美容師からメイクアップアーティストへ

日本ではフェイスメイクだけをやっている人はほんの一握りです。多くの人が、ヘアメイクの仕事も一緒にやっています。
最初に美容学校に通って美容師資格を取り、美容師として働きながらメイクアップアーティストになった人も大勢います。
どちらにしてもヘアメイクの技術は必要なので、いつその資格を取るかしっかり考えてから進路を決めましょう。



キーワード