東京で働く!美容のスペシャリスト求人・転職特集!

エステティシャンの待遇

エステティシャンの待遇は美容部員より高給も可能です。店長になれば待遇も良くなります。

エステティシャンは基本的に店長候補

エステティシャンは、エステサロンを経営している会社の社員、または、契約社員として働くケースがほとんどです。
そのため、待遇は就職した企業によってさまざまです。スキルを身に付けたり、役職がつくと給料も上がっていきます。努力を惜しまないことです。

エステサロンは、大手でも個人サロンでも店舗単位で運営されています。そのため、入社した社員は将来の店長候補として働くことになります。
管理能力のあるエステティシャンは、入社後数年で部下を持った店長になれます。そうなると給料も上がり、月給約30~40万円はもらえるようになります。自分の実力次第で出世、やりがいも出てくるので、せっかくなら店長を目指してみてはどうでしょう。

派遣社員とアルバイト

エステティシャンにも派遣社員やバイトがあります。バイトのエステティシャンは結構多いのです。
バイトの場合は、補助的な業務だけで難しい施術はやらない事が多いのですが、待遇は時給800~1000円程度。
しかし、エステティシャンを目指すなら、バイトで入って社員になるのを狙う手もあります。派遣のエステティシャンの時給は一般の派遣のように、1600前後のケースが多いようです。

エステティシャンは肉体労働

エステティシャンは基本的には肉体労働です。身体のいろいろな部分を使うので、身体が丈夫でないと務まりません。
まずは、1日中立っているのが大変です。ショップなどで働いた経験がある人ならわかるでしょうが、脚はパンパンにはれ思わずしゃがみ込んでしまうほど疲れるものです。エステティシャンも同じです。
また、マッサージをすると非常に手が疲れます。マッサージだけをした場合、終わったあとに手がクタクタになります。
脱毛は目を酷使します。小さい毛穴をじっと見つめながら脱毛するので、目がとても疲れます。
知力も必要ですが、それ以上に体力がいるエステティシャンの仕事。体力も鍛えておきましょう。

エステティシャンのための体調管理

【全体】
全体的なケアとしては、目、手、足など一か所だけに負担のかかる勤務はしないことです。同じメニューばかり集中的にやると、負担が大きくなります。
メニューはバラけさせておくのがいいでしょう。場合によっては、他の人と替わってもらうことも有効です。
【目の疲れ】
脱毛処理は目を使うので、集中的に行うと目が疲れます。目が疲れたら、仕事の後にはパソコンなどを使うことは控えましょう。
外に出て遠くの景色を眺めるなどして、目を休ませましょう。
【腱鞘炎】
マッサージを集中的に行うとかかります。無理しないように。異常を感じたら、湿布で冷やすなどの処置を取りましょう。
【腰痛】
ずっと立っていることが多いと、腰痛に悩まされます。また、エステサロンは男性が少ないので、女性が重い荷物を運んだりしなければなりません。それも腰痛の原因になります。
適度にストレッチをしたり、寝る時は横向きに寝たりして腰をケアしましょう。
【足のむくみ】
ずっと立っていることによって起こりやすい症状です。原因は、足から血液がもどらなくなっていることです。一瞬だけつま先立ちをしてすぐに戻す、という軽い運動をしてみれば多少は改善が見られます。靴選びにも注意しましょう。