東京で働く!美容のスペシャリスト求人・転職特集!

カラーコーディネーターの資格

カラーコーディネーターとして働くためには

通信教育などで資格を取得する方法もあります。
企業が「カラーコーディネーター」という職種を採用することはほとんどありません。カラーコーディネーターとは、あくまでも商品の開発担当者であることが多いのです。
ですから、カラーコーディネーターを目指すなら、商品開発部門に応募するのが一番です。具体的にはアパレルやインテリア小物などが有力候補です。
カラーコーディネーターに関する資格があるので、将来独立まで真剣に考えるなら、カラーコーディネーターの専門学校に行くか、通信教育などで資格を取得しましょう。
資格を取れればクライアントも安心して仕事を任せられるでしょう。

フリーの仕事

フリーで事務所を構えているカラーコーディネーターもいます。そこまでにたどりつくには相当の実力と経験がなくてはなりません。
自分でクライアントを取ってくる営業力も必要です。フリーのカラーコーディネーターは、色に関するコンサルティングをやっています。
クライアントには政治家などもおり、その人に似合うスーツの色なども選びます。相手を納得させるセンスと実績が必要になるでしょう。