東京で働く!美容のスペシャリスト求人・転職特集!

カラーコーディネーター

カラーコーディネーターの仕事

実際は商品開発担当者として、新製品の開発などで主要な仕事をします。
カラーコーディネーターは、商品やファッションの色の組み合わせを考えて、最適なものを選ぶ仕事をする人のことをいいます。
カラリストと呼ばれることもあります。
企業が「カラーコーディネーター」として求人を出すことはほとんどありません。カラーコーディネーターの業務を行うのは、商品開発、デザイン担当の人間であることがほとんどなのです。
ですので、カラーコーディネーターとは、企業の商品開発、デザイン担当者のことであるともいえます。
ただし、数は少ないですが、カラーコーディネーター業務を専門にやっている事務所もあります。そういった事務所は、著名なカラーコーディネーターが経営していて、クライアントの企業や個人に対して、色に関するコンサルティングを行っています。
カラーコーディネーターと言う仕事は、まだ、はっきりと確立しているわけではありません。かなり曖昧な仕事ですが、色の専門家をカラーコーディネーターと呼ぶのが、一番しっくりくるでしょう。
実際の仕事としては色についてじっくり決めるような仕事です。自動車、アパレル、化粧品などの業界で、商品企画をやっている人たちが一番近いでしょう。

カラ―コーディネーターの仕事の種類

【企業の商品開発】
企業の商品開発、デザイン部門に所属して、商品に使われる色を検討してきめていく。必要とされる業界は、自動車、アパレル、化粧品など。
【パーソナルカラー診断】
フリーのカラーコーディネーターやカラー事務所が行う。その人に合ったスーツや洋服の色をコンサルティングする。
【ブライダルカラー診断】
結婚式を最高のものにするために、新郎新婦の衣装の色を決める。これもフリーやカラー事務所が行う。
【カラーセラピー】カラーコーディネーターとは少し違うが、色を利用してストレスを和らげたり、いやし効果を得る方法。
【企業コンサルティング】
カラー事務所が行う仕事で、企業に商品や広告の色についてコンサルティングをする。