東京で働く!美容のスペシャリスト求人・転職特集!

美容業界の仕事の種類

美容業界とひとくちに言っても、幅広い職種があって、メイクアップアーティストやカラーコーディネーターなどは美容業界に限らず、ファッションや芸能分野にも仕事が広がってきます。
美容業界の主な仕事は次の通りです。

美容業界には幅広い職種が存在します

美容業界にはいろいろな仕事があります。その中でも主な5つは次のような仕事です。
①美容部員・・・デパートの化粧品売り場で、お客様に化粧品を販売する仕事です。
②エステティシャン・・・エステサロンで脱毛などの施術を行います。
③ネイリスト・・・ネイルサロンでネイルトリートメントを行います。
④メイクアップアーティスト・・・芸能界など、人前に出る職業の人のメイクをする専門職です。
⑤カラーコーディネーター・・・スーツや洋服などの色合いを考えて、クライアントに最適な色の組み合わせを選びます。

その他の美容業界の仕事

美容業界には、まだまだ多くの仕事があります。
アロマセラピスト・・・アロマセラピー(芳香療法)の専門家。主にアロマセラピー専門のサロンで働いたり、アロマショップの店員やアロマ関係の講師をしている人を指します。
リフレクソロジスト・・・リフレクソロジー(反射療法)の専門家。主にリフレクソロジー専門のサロンで働いているひとが、それにあたります。

美容業界の一般的な仕事

美容業界の職種は、化粧品・エステ関連業界ですが、美容業界にも一般的な職種は存在します。
一般的な職種とは、営業・事務・経理・総務・人事・マーケティングといったようなものです。
化粧品・エステ業界におけるスペシャリストとは、何も専門職だけではありません。
マーケティングや営業など、他業界にもある一般的な職種でスペシャリストを目指すのも一つの道です。一般的な職種であれば男女関係なく目指すことができるのです。

なりたい資格をとるための資料請求(無料)や無料体験の予約はこちらから

メイクアップアーティスト、ヘアメイク、エステティシャン、ネイリストの資格や技術を
学ぶために資料請求(無料)や体験入学してみましょう。
同じ資格によっても、学ぶ条件などが専門学校や講座によって違いますので、
こちらから2~3社を選んで資料請求(無料)してください。
資料が届いたら、自分の希望にいちばんマッチする講座を学ぶことをおススメします。